toggle
2014-08-09

そこまでダイエットする意志はございませんが…

発行から9日過ぎてはいますが、最新号に違いはありません。
ザーザーの雨降りに、ペラペラするのはPenでした。
光沢のある真っ黒な表紙には、”1冊まるごと エディ・スリマン”-。
これは常習犯の手口ではないでしょうか?って、それは”すり男”でしょう。
ベタベタするのは雨のせいではありません(笑)。
愛妻がこれぞ!!っと選んだ雑誌は、完全ファッションモードです。
ディオール オムの伝説的なデザイナー、エディ・スリマン。
それから写真家へと転身した数年後、サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任した人物です。
プロ野球ならあの人でプロレスだったらこの人、ファッションならそのエディ・スリマンなのでしょう。
もう少しペラペラすると、’15春夏メンズコレクションの全ルックがありました。
僕の太ももではとても無理なパンツ、ましてや僕の胴まわりでも…。
これはただみて憧れるだけで結構でございます。
と、ダイエットすることなく珈琲の相棒に”甘いもの”を選んでの「Ice珈琲のある休息。」を過ごしました。
つづけてペラペラすると丁度真ん中のところで、サンローランの”顔”となった、ミュージシャンの紹介です。
マリリン・マンソン、ベックそしてダフト・パンク…。
皆さんには、ぜひぜひゆーあの”顔”となりましょう↑。

巻末には小型速写カメラを紹介していました。ひと言、"ライカ、たっけぇっ!!"…。巻末には小型速写カメラを紹介していました。ひと言、”ライカ、たっけぇっ!!”…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です