toggle
2020-07-29

こー、ひー、ゆー、あー(大笑)…

“ドラマがはじまる前に読みたいのですが”とご依頼したところ、
“彼の作品ならどれでもあるから(笑)”。
「珈琲のある夕暮れ。」にご来店の紳士からお借りした小説です。
『銀翼のイカロス/池井戸潤著』-。
2週間前は、『半沢直樹・特別総集編』後編の放送がありました。
そして先週からはじまった『半沢直樹』。
急げ、急げ。
急いでドラマより先へと進みました。
倍返しではありません。
のんびりと倍速で予習しましたっ(笑)。
原作は面白くて、なかなか頁を閉じることができません。
半沢直樹のライバルどもがあらゆる手段を使って、彼の行く手を阻もうとする。
“はー、んー、ざー、わー”。
特別頑張っているのは、東京中央銀行の証券営業部 部長を演じる市川猿之助です。
ライバルども演じる役者の演技がいかにもムカつく。
彼に一度、”こー、ひー、ゆー、あー”と言ってもらいたい。
でも、ムカつくどころか大喜び!?…。
かなりの過激さがいいっ↑。
また紳士に、池井戸潤の作品をお借りしましょ。
それから楡周平も(笑)。

銀翼のイカロス/池井戸潤著
ドラマは録画してお休みの日に鑑賞します。つまり第二話の鑑賞は今日ってこと。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です