toggle
2022-10-08

この辛さは間違いなく塩!?…

ストーリーは前後します。
それでも、成立してしまうから不思議でしょ。
「珈琲のある週末。」にご来店の紳士よりお借りした文庫本です。
『珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは/岡崎琢磨著』-。
実は、事件簿4を読んでからの3でした(笑)。
覚えてる?
あいまいではありますが、3の記憶を頼りに読むべし。
関西バリスタ大会に出場することになった珈琲店タレーラン。
バリスタの切間美星は、競技中に起きた異物混入事件に巻き込まれる。
出場者同士が疑心暗鬼に陥る中、大会は進行。
彼女は、付き添いのアオヤマと犯人を突き止めるべく奔走するが、
第二、第三の事件が発生してしまう。
バリスタのプライドをかけた闘いの裏で隠された過去が明らかになって…。
“珈琲は人の心を惑わすのか、癒すのか。
さぁ、順位の発表。
我がバリスタ、切間美星の結果はいかがだったでしょうか。
ちなみに、次なる大会の順位も知っています(笑)。
せめてドリップ部門では、真剣に挑んでほしかった?。。。

珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは/岡崎琢磨著
順番の入れ替えはあれど、これで珈琲店タレーランは無事に整いました(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です