toggle
2022-06-08

この成功の根拠は、”男の勘”!?…

“さて焙煎です。”も日々鍛錬…。
何度も何度も”さて焙煎です。”の後に根拠が見いだされるのでしょう。
それがあってこそ、こうしたらどうかしら、ああしたらどうかしらって試してみる。
ところが、江仁熊氷見子は勘だけを頼りに”さて焙煎です。”か。
ゆーあで「珈琲のある昼下がり。」を過ごす紳士よりお借りした文庫本です。
『妄想刑事エグニマの執着/七尾与史著』-。
警視庁捜査一課の美女刑事、江仁熊氷見子がヒロインです。
彼女は”女の勘”を武器に常人には理解しがたい直感力で事件を解決。
頭の堅い刑事たりからはやっかみ半分の嘲笑を受けていました。
しかし、3編とも”女の勘”から糸口を見つけ、解決の出口まで導いていく。
それは数字であったり、色であったり、まったく考えもしない糸口。
相棒で後輩の真山恵介は、戸惑いながらもエグニマに従うしかない。
やがて、刑事としての尊敬の念、そして微妙な感情が芽生えていく!?…。
順調に出世の道を進んでいるのは、”女の勘”があってからこそ。
でも、事件を解決するという執念があるから刑事に向いている。
彼女のハイヒールは擦り減ってはいませんが、プロ根性まる出し(笑)。
”さて焙煎です。”。
一回、”男の勘”とやらを働かせてみるか。。。

妄想刑事エグニマの執着/七尾与史著
“男の勘”も捨てたものではないと言わせてみましょう(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。