toggle
2018-10-20

ココのお昼ごはんはコンソメスープっ…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士は、どんなスープを召し上がったのか…。
彼よりお借りした文庫本を完読です。
『イン・ザ・ミソスープ/村上龍著』-。
夜の風俗店ガイドを依頼してきたフランクの顔は奇妙な肌に包まれていた。
彼の職業は?
出身にどんな経歴なのでしょう。
聞けば聞くほど、前言っていたことに異なりがあったり、
つじつまがまったく合いません。
出会った直前には猟奇的な事件が起きていた。
その事件との関係があったのではないだろうか。
疑えば、疑うほど確信に近づいてくる…。
フランクとは、距離を離れたいのだが密になるケンジ。
ケンジの目の前で、不可解な出来事が待っていました。
味噌汁の中を泳いでいる場合ではありません。
新しい年を迎える前の味噌汁には、大根はあるべきでしょう。

お昼ごはんは、トースト&コンソメスープ。胸騒ぎは感じませんっ…。お昼ごはんはトースト&コンソメスープ。胸騒ぎは感じませんっ…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です