toggle
2019-01-02

お休みは1週間と1日…

なんと1週間と1日です。
いつもよりたった1日長い年末年始のお休み。
ちょっと優雅に「珈琲のある休息。」でした。
『椿山課長の七日間/浅田次郎著』-。
僕の8日間はとっても貴重なお休みなのですが、
椿課長の7日間は休んでいる暇などありません。
なんとか下界に舞い戻った彼には、すべきことたくさん。
すべてが納得できることでなく、後悔することが多かった!?…。
後悔から満足へと変わるときが、八日目だったのでしょう。
あっちの世界で一緒だった連中にも、つながった!!
お父さん、ありがとう。
46歳の椿山和昭は表紙の男そのまんま。
僕よりも2つ歳下ですが、老けていませんか(笑)。
「珈琲のある読書2019年。」。
文庫本の頁を少しでもめくる毎日です。

椿山和昭が働いていた百貨店近くの喫茶では、特別な珈琲がありました!?…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です