toggle
2016-05-13

おさかなも譲るわけには(笑)…

最中と言えば餡子でしょう。
そして、つぶ餡が当たり前。
と・こ・ろ・がです。
胡桃の最中が「珈琲のあるおやつどき。」に登場。
さらにさらに、甘いというよりも甘辛いと言うにふさわしい。
佃煮と言えば加賀の白峰。
加賀の白峰を言えば、佃煮の最中でしょ。
なので最中には胡桃の佃煮が在中です。
最中の形は胡桃そのもの。
“真田丸”で草刈正雄が演じる昌幸が掌に胡桃をのせてコロコロしていますが、
そんなことはできませーん(笑)。
もしも今なら、胡桃の最中をモグモグしながら戦の試案をするのでしょう。
僕は何も考えることなく、ホッとひと息。

残念ながら、2匹のおさかなも譲ることなく僕のお腹の中へ↑。残念ながら、2匹のおさかなも譲ることなく僕のお腹の中へ↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です