toggle
2017-02-11

“おいおいっ”のおいではありません↑…

昨夜のニュースで、国府宮「はだか祭り」の神男が登場していました。
祭り翌日の姿とあって、力を出し尽くした感がありありです。
肋骨にひびが入ったらしく、肩を借りて境内を歩いていました。
裸の男どもにもみくちゃにされるのが、はだか祭り。
男の僕からみても、おっとこらしい↑。
さて、ここ何年か、この日ふんどし姿で駆けまわるお客さまが…。
馴染みの淑女が、”どんだけ寒くても裸になるのよ(笑)”。
なんと当日の気温は3度。
冷水を浴びるとカラダじゅうから湯気が立つ。
冷静ではやっていられない。
呑んで呑んで、また呑んで揉まれる大衆の中にいるしかあるまいっ。
あっ、淑女ははだか祭りの付き添いです(笑)。
殿方は元気に厄を落としたと聞きました。
昨日の「珈琲のあるおもてなし。」後に届いたのは、縁起もののおすそ分け。
“来年はどぉ?”。
ふんどし姿になることに躊躇はせぬも、ここはひとつ遠慮するしかありません。

ありがたく、焼きもちにしてお腹へ歓迎しましょ↑。感謝。。。ありがたく、焼きもちにしてお腹へ歓迎しましょ↑。感謝。。。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です