toggle
2017-05-03

あさひが丘の大統領はどんな主題歌だったか…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りしたのは青春賛歌。
中学、高校時代に流行歌となった名曲をテーマに青年の成長を追いかけています。
主人公は意地っ張りだけど真面目なシュウ。
そして、彼の近くにお調子者で気の優しいヤスオとクールなコウジがいつもいる。
シュウにヤスオ、そしてコウジ。
彼らの名前はちゃんとした漢字があるのでしょうか、片仮名が不器用らしくていい。
「いつか街で会ったなら」-。
元々、シュウとコウジは犬猿の仲でした。
何もかもが完全否定する彼らにいよいよ決戦のときが…。
このときを境に、永遠の好敵手をなったのでしょう。
高校を卒業して、コウジが一歩先を進んでいるのですが50代になったであろう今は?
サザン、RCサクセション、ジョン・レノンなど色あせない曲がどこかで流れる。
きっと、『ゆうひが丘の総理大臣』の「時代遅れの恋人たち」も聴いているハズ(笑)。
黄金週間にも、時間をみつけて「珈琲のある読書。」です。

高校時代、レンタルしてダビングしたカセットテープ「My Favorite Song」はどこへやら…。高校時代、ダビングしたカセットテープ「My Favorite Song」はどこへやら…。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です