toggle
2016-12-23

「珈琲のあるおやつどき。」に余良町だんご↑…

いやいや、余でもないみたい…。
奈良町だんごでした。
だんごは団子。
そして団子は、はるか古のこと、
遣唐使が日本に持ち帰った唐菓子の「団喜」が由来しているそうです。
もちろん、「珈琲のあるおやつどき。」に喜ばないはずがありません(笑)。
室町時代から庶民の間で愛好している団子。
ゆーあでは伝統を守りつづけています。
それは日本中が言えることかっ↑。
小豆と味噌、大和茶の3つ。
茶席でなく、珈琲サロンで満喫しました。

香りよい笹も風情を漂わせます。パクリ、パクリ、そしてパクリっ↑。香りよい笹も風情を漂わせます。パクリ、パクリ、そしてパクリっ↑。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です