「珈琲のあるお便り。」

「珈琲のある生活。」にモカ マタリ…

週明けの”さて焙煎です。”。
まずはイエメンからはじめましょう。
おっと、イエメンとはモカ マタリのこと。
モカはエチオピアだけではありません。
アラビア半島に位置するイエメンもモカなのです↑。
ちなみに焙煎の後は、ハンドピック。
かなり大変ですが、しっかり欠点豆をはじきましょう。
皆さん、「珈琲のある’16夏。」にモカ マタリを選びませんか。

○イエメン マタリ#9
焙煎 浅[ ●●○○○ ]深
エチオピアとともに古くからモカで親しまれているバニーマタ地方の珈琲。
モカフレーバーと呼ばれる赤ワインのような香味が印象的です。
際立った甘味とコクのバランスも原種の持つ特性でしょう。
しっかりハンドピック。より洗練された珈琲の原点、モカ・マタリはいかがですか?
甘味[●●●●●] 苦味[●●●○○] 香り[●●○○○] コク[●●○○○] 酸味[●●○○○]

Yemen Matari #9 200g/940円

ゆーあで「珈琲のある休息。」は、1杯430円でおもてなし。ゆーあで「珈琲のある休息。」は、1杯430円でおもてなし。

2016-07-25 | Posted in 「珈琲のあるお便り。」No Comments » 
Comment





Comment