「珈琲のあるお便り。」

「珈琲のある生活。」にウガンダ…

頭文字が”U”なんて、新鮮でしょ。
それはウガンダの珈琲豆。
ラオスの珈琲豆とバトンタッチで到着しました。
“B”はブラジルとブルンジ、エチオピアとエルサルバドルは”E”。
タンザニアの”T”や、インドネシアの”I”なんかひとつしかないのにすでに馴染みの頭文字です。
“先輩方、よろしくお願いします!”と堂々なる風格。
「珈琲のある生活。」に頭文字が”U”の珈琲豆を選びませんか?

ウガンダ コーヒー・ア・カップ
焙煎 浅[ ●●●○○ ]深
柑橘系の明るい酸味と程よいボディが第一に感じられるでしょう。
口当たりがよく、まろやかな甘味は酸味の後から残ります。
しっかりしたコクで雑味のないクリアな味わい。
アラビカコーヒープログラムに特化した珈琲はいかがですか?
甘味[●●●●○] 苦味[●●●○○] 香り[●●○○○] コク[●●●●○] 酸味[●●●○○]

Uganda Coffee A Cup 200g/880円

ゆーあで「珈琲のある休息。」は、1杯430円でおもてなし。ゆーあで「珈琲のある休息。」は、1杯430円でおもてなし。

 

2017-07-21 | Posted in 「珈琲のあるお便り。」No Comments » 
Comment





Comment