「珈琲のある生活。」

愛知はコアラでなく、カンガルー!?…

カンガルーと言うよりも、コアラでしょ。
だって、ドアラはコアラ。
ドアラルーであればカンガルーと認めましょう…。
珈琲豆をお求めの淑女から、ある番組で愛知県がカンガルーに似ていると言っていたと聞きました。
うーん、コアラでもカンガルーでもなく、カニじゃないかしら。
皆さんは、愛知県の形で何を想像しますか?…。

僕の言うカニ。ハサミとハサミの間が三河湾です。納得してください…。僕の言うカニ。ハサミとハサミの間が三河湾です。納得してください…。

2017-09-29 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

日の入りが早いのと比例して…

17時42分が今日の日の入りです。
「珈琲のあるおもてなし。」のお開きよりも48分早い…。
外灯がゆーあの看板を照らしました。
日の入りの時刻と比例して、お腹が空くのも早くなりました。
でも、こちらは耐えに耐えて、いつもより遅めの「珈琲のあるおやつどき。」。
そして、その後は毎度の「珈琲のある夕暮れ。」のお客さまを歓迎でした↑。

小腹を満たした後は大腹で、こちらの空き具合も早くなりました(笑)。小腹を満たした後は大腹で、こちらの空き具合も早くなりました(笑)。

2017-09-28 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

あのころ、僕は20代…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士は、40代でした(笑)…。
『星に願いを さつき断景/重松清著』を完読です。
主人公となる3人を年ごとに追いかけていく短編でした。
1995年から2000年までの6年間。
日本でも、世界でもいろんな大きな出来事がありました。
多かれ少なかれ、主人公はその出来事に影響されます。
でも、やがて忘れ去られていくのは仕方がない?…。
2000年に起こったことに関心を持ったまま、短編の幕が閉じるのですが、
21世紀に突入して数年後には、同じ感情の繰り返しなのかもしれません。
改行のマークで、主人公がバトンタッチする展開。
僕もたくさんのことをひと区切りしてしているのでしょう。
もちろん、「Ice珈琲のある読書。」はひと区切りしたところで次の文庫本っ↑。

次の世紀末、僕は120代。そのころも「Ice珈琲のある読書。」を過ごします。次の世紀末、僕は120代。きっと「Ice珈琲のある読書。」を過ごしています。

2017-09-27 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

フィナーレのカウントダウン…

ナナ、ロク、ゴー…。
カウントダウンです。
単位は秒でなく、24時間。
なので、あと4日ありました。
さて、何のカウントダウンでしょうか。
それは、夏衣ブレンド。
すっかり朝夕と涼しくなりましたが、日中は25度オーバーです。
今日にしたって、「Ice珈琲のあるおやつどき。」でした。
でもでも、もう夏とは言えないかもしれません。
なので区切りのいいところでIce珈琲は、今月いっぱいまで夏衣ブレンドでおもてなし。
のんびりとカウントダウンは進みます。

急冷のIce珈琲であっても、急息でなく休息ですっ(笑)…。急冷のIce珈琲であっても、急息でなく休息ですっ(笑)…。

2017-09-26 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

これくらいなら握力で…

ふぐっ、ううううううぅぅぅ、ありゃーっ…。
無理を承知で頑張ってみるのもいいじゃないか。
もう一度、おりゃーーーーーーっ!!。
無理無理無理。
ハートナッツを珈琲の相棒にと握力で割ろうとした次第です。
そう言えば、ナッツクラッカーがあったではないか…。
妙な汗をかく必要などありません。
パキンと割ったらまさにハートの胡桃が登場。
胡桃と珈琲って、秋ならではのコンビだと思いません?

とてもじゃありませんが、胡桃割りアンディにはなれません…。とてもじゃありませんが、胡桃割りアンディにはなれません…。

2017-09-25 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

今年も本間稀代子さんのイラストです↑…

シルバーウイークが過ぎ去ろうとしています。
愛妻の胸にシルバーのペンダントがあるのはそのためだったのか?…。
それはともかくとして、秋晴れのうちにお開き。
ではでは、10月の予定をゆーあに「珈琲のある休息。」で計画しましょう。
映日果ラベルの奥田真也さんがご紹介は、『第27回美殿町秋祭~キモノマーケット』。
今年も本間稀代子さんのイラストだけでもイベントのPRは成り立ちそう。
もちろん、ゆーあでもご案内。
早速珈琲豆をお求めの淑女が、”楽しみです(笑)”。

=第27回美殿町秋祭~キモノマーケット=
■日時:10月7日(土)-8日(日) 11:00-17:00
■会場:美殿町界隈(岐阜市美殿町)
※雨天中止(室内会場は雨天決行)
詳細はこちら>>

当日は、タマゴダケの傘が不要なくらいの秋晴れになーれっ↑。当日は、タマゴダケの傘が不要なくらいの秋晴れになーれっ↑。

2017-09-24 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »