「珈琲のある生活。」

直球、直球で攻めた後は?…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした毎度の作家シリーズ。
『永遠を旅する者/重松清著』を完読しました。
毎回、ストーリーが違うのは当然なのですが今回はまったく異なるファンタジー。
それもそのハズ、ゲームとのコラボから生まれた一期一会の短編集です。
主人公のカイムは、永遠の命を持つ男。
生きなければならぬ彼は、数えきれないほどの誕生と別れを体験しました。
誕生は新しい時代の幕開けなのか、それとも繰り返しの時代なのか…。
古を知るカイムの力が発揮されることはありません。
架空の世界で、移住の地を求めることなく放浪する生涯。
笑顔を描いたシーンのないストーリーをどこかで誰かが楽しくピコピコと遊んでいます。
まだまだつづく重松清著の文庫本。
紳士が帰国するころまでには、全部完読できるのか?…。

「珈琲のある読書。」の好季節です。ぜひ、ゆーあで頁をめくりましょう。「珈琲のある読書。」の好季節です。ぜひ、ゆーあで頁をめくりましょう。

2017-10-11 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

比率の高い、秋の味覚(笑)…

“さて焙煎です。”の朝でした。
“おはようございます”って、馴染みの淑女。
あれっ、つい先日に珈琲豆をお求めではありませんでしたっけ。
“今日は、こちらをお持ちしました”。
おすそ分けは、料理教室を主宰するお母さん手作りの栗羊羹。
断面をご覧ください。
栗の比率が高い高い(笑)。
心温まる珈琲の相棒、なんだか栗がハートの形に見えました↑。

カットすることなく、ラッパのようにお腹へと歓迎するのが僕の夢ですっ(笑)。カットすることなく、ラッパのようにお腹へと歓迎するのが僕の夢ですっ(笑)。

2017-10-10 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

それも”あり”でしょうっ↑…

“ゆーあのみ”って何がでしょうか?…。
それはブレンド。
現在はゆーあブレンドのみです。
つい最近までは、夏衣ブレンドがありました。
25度以上の暑さであっても、季節外れ。
ではでは、そろそろ次なる季節限定のブレンドを準備しましょ。
ブラジルと…。
エチオピアの珈琲がいいかもしれない。
ケニアか。
3種類のブレンドもあり。
フルシティのブラジルとミディアムのブラジルはどうか?…。
それもやっぱり”あり”でしょう。
大きな大きな梨が到着しました。
8カットしてもひと口では無理なのではないでしょうか。
いやいや、梨とてそれも”あり”(笑)。

否、やっぱり無理でした。16カットがちょうどいい(笑)…。否、やっぱり無理でした。16カットがちょうどいい(笑)…。

2017-10-09 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

金曜ではありませんて…

“もう何曜日か忘れたわ”と、「珈琲のある休息。」のご隠居。
ちなみに今日は金曜日です。
”日曜でしょ。知っとるわ(笑)”って、忘れていないじゃないですか?…。
3連休のど真ん中。
翌日もお休み、翌々日もお休みであってもお気に入りの笑点は、毎週日曜でしょ。
こちらは日曜であっても、金曜で「珈琲のあるおやつどき。」でした。
失礼、金柑です(笑)。

3連休を過ぎれば、陽が暮れるのも一段と早くなりそう…。3連休を過ぎれば、陽が暮れるのも一段と早くなりそう…。

2017-10-08 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ぜひとも、僕でなくゆーあを↑…

またまたツツイの世界でした。
『おれに関する噂/筒井康隆著』を完読です。
中年の会社員が電車の中で広げた新聞。
そこの一面には何が載っていたのか。
テレビをスイッチオンすれば、どこで撮影したのか俺の動画。
週刊誌やポスター、みんなのヒソヒソ話は常の俺のことです。
至るところで俺の噂が飛び交う不思議な世界。
プライベートなんてありません。
緊張がほぐれて、ホッとひと安心。
でも、まったく噂にならない人生はもっと酷なのかもしれません?…。
いいえ、僕の噂はなくてもかまわない。
ぜひとも、ゆーあの噂は広く流れないものでしょうか。
もちろん、120%高評価な噂に限ります(笑)。

「Ice珈琲のある読書。」。これからHot珈琲の頻度が高くなるでしょう↑。「Ice珈琲のある読書。」。これからHot珈琲の頻度が高くなるでしょう↑。

2017-10-07 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

友だち5人ならやっぱり…

正午を過ぎて最初のお客さまは?…。
1台のクルマで5人の淑女がご来店でした。
きっとランチでは同じメニューを頼まれたのでしょう。
ゆーあブレンド5つご注文と予想しまーす。
ところが。。。
ゆーあブレンド2つと、ブラジルの珈琲が1つ、そして黒糖ココアをご注文でした。
仲良しが集まっても全員が一緒というわけではありません。
やっぱり、”珈琲はどうも”…ってことはあるでしょう。
「黒糖ココアのある昼下がり。」でご満足。
珈琲の好敵手をもう少しおもてなししようか、ずーっと前から考えて今に至ります…。

なんせ、自家焙煎珈琲Shopなものですから(苦笑)…。なんせ、自家焙煎珈琲Shopなものですから(苦笑)…。

2017-10-06 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

3 / 23012345...102030...最後 »