「珈琲のある生活。」

とりあえず、”夏”の思い出を…

どれにしようかな。
棚にある文庫本の中から選ぶべき小説は、”夏”がタイトルにあり。
『ぼくと、ぼくらの夏/樋口有介著』を完読しました。
それは夏休みの出来事。
刑事の息子と極道の娘が、同級生の関わった事件の真相を追究します。
生活環境の違いからか、性格もまったく反比例。
ドライな春一は、ウエットな麻子に乾きを与えるのでしょうか。
それとも麻子が春一に潤いを与えるのかもしれません。
危機がそこに迫っているのに危機感がまったくない…。
今年の猛暑なら、もう少し追求方法が変わっていたのかもしれない(笑)。
高校生なのに、バイクに乗っています。
80年代の東京って、今よりも都会のイメージがとても強い。

わお、同じような入道雲が今、南の空にあります(笑)…。わお、同じような入道雲が今、南の空にあります(笑)…。

2018-08-04 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

いつもサンキラなんとかで…

ディスカウントチケットとか、激安チケットショップ…。
あれってなんて言うんだっけな。
“金券ショップ”。
この言葉がなかなか出てこない友人がいます。
それ以外にも何とかラーメンやら、何とか珈琲やら何とかが多い。
大丈夫か(笑)。
という僕は、大口屋の麩饅頭が思い出せません。
サーターアンダギーは沖縄でしょ。
完封三振は野球…。
餡麩三喜羅は”あんぷさんきら”と読みます。
もう忘れることがありません。
ありがたや、本日の「珈琲のあるおやつどき。」で完璧に覚えました(笑)。

餡麩三喜羅は愛妻の大好物です。僕も譲らないので絶対に半分こっ(笑)。餡麩三喜羅は愛妻の大好物です。僕も譲らないので絶対に半分こっ(笑)。

2018-08-03 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

西郷どんに夏衣ブレンドをおもてなしっ↑…

そして、ある男がゆーあにご来店。
“徒歩でのご来店ですか?”とお聞きすると、”ちごっ”のひと言のみ。
薩摩弁で”違う”という意味です(笑)。
愛犬のツンを連れた西郷どんのポストカードが郵便局員のカブに乗って到着です。
先月末に珈琲豆をご注文戴いた鹿児島在住の主より無事到着と暑中見舞いのお便りでしたっ↑。
この前の日曜には、勝さんや坂本さんと初対面。
いよいよ、激動の幕末へと突入でしょう。
ますます忙しくなるその前に、「珈琲のある休息。」でごわす。
歓迎するのは、ミクロマン。
“よー来てくれましたわ。まぁ、のんびりしてってちょ”。
こちらは少々おしゃべりが過ぎるか(笑)。
皆さんも、「珈琲のある葉月。」にいらっしゃいませっ。

愛犬のツンを連れてのご来店。僕の愛犬は小学校のころに飼っていたジャッキーですっ。愛犬のツンを連れてのご来店。僕の愛犬は小学時代に飼っていたジャッキーですっ。

2018-08-02 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ひょっとしてこの記憶は!?…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本。
『転生/貫井徳郎著』を完読しました。
心臓移植を成功して、今を生きる主人公。
でも、手術前とは何かが違う。
絵画の才能が芽生えたり、ミルクと砂糖のない珈琲を好んだり…。
夢に現れた恵梨子という見知らぬ女性は現実にいた(驚)。
ひょっとして、もらいうけた心臓の元の主が僕の心に宿ったのか。
なぜ?…。
それを解明するべく、タブーであるドナーの家族との接触は図る。
そして恐るべき近代医学の闇に直面します。
2つの心を持つ彼に明るい未来があるのでしょうか。
恵梨子の彼への好意は、前の心があるから?…。
美術館の近くにあるカフェで2人の今後を話しましょう。

葉月もゆーあで、「珈琲のある読書。」を過ごしましょうっ。葉月もゆーあで、「珈琲のある読書。」を過ごしましょうっ。

2018-08-01 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

こちらはコロンビアとタンザニアの半々ですっ↑…

あんこではありません(笑)。
ズバリ、”おもちの中は「みかん・です」。”。
イラストのみかんがキューってうれしそうな笑顔。
その笑顔は僕にバトンタッチでしょ。
「珈琲のあるおやつどき。」です。
コロンビアとタンザニアを1:1でブレンドした夏衣ブレンド。
もちろん、「みかん・です」。は半分こするわけにはいかない(笑)。
今朝、投函のあったフリーペーパーには新月軒本舗が載っていました。
旬な「みかん・です」。がドドーンと登場しています。

みかんの皮の匂いが苦手なネコなのに、これは得意とみえる(笑)。みかんの皮の匂いが苦手なネコなのに、これは得意とみえる(笑)。

2018-07-31 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

お盆は三島でのんびり過ごすご夫婦ですっ…

「Ice珈琲のある朝。」のご夫婦より、ういろうを頂戴しました。
スイーツ好きの殿方。
最近は、一宮にあるAkeyaの和菓子がMyブームです。
そして、ここ数日の間に何度も通っていると聞きました。
すっかり、店頭のおばちゃんにも顔を覚えてもらったようです(笑)。
顔見知りとなったおばちゃんからお土産にするならとご提案が、5種類のういろう。
さぁ、何を選びましょう…。
うーん、まずは抹茶かっ↑。
帰り際、ゆーあのお盆休みをご質問の殿方。
まだ、未定ではあるものの3日間はお休みします。
彼らのお盆休みは、学生時代に過ごした三島へGo!…。
同級生と呑み明かすのが楽しみだと言っていました。
お土産はやっぱりAkeyaの和菓子でしょうか(笑)。
こちらは、酒でなく珈琲が相棒です。

檸檬のういろうは爽快感がありました。感謝。。。檸檬のういろうは爽快感がありました。感謝。。。

2018-07-30 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

3 / 27812345...102030...最後 »