「珈琲のある生活。」

贅沢にもカフェオレにしてみると…

先月、慰安でグァム旅行の紳士が「珈琲のある昼下がり。」です。
“豪勢ですねー”と言うと、ホントは自腹の旅行ということでした。
それでもその日焼け。豪勢には違いありません。うらやましい限りです。。。
さてさて、彼からお土産にと、ゴディバのフレーバーコーヒーを頂戴しました。
いつも土産ばなしだけでいっぱいと言っているのに。。。
開封するとチョコレートの香りが広がりました。
久しぶりのフレーバーコーヒー。
早速、ペーパーで淹れてみましょう。なるほどなるほど…。
アレンジ珈琲ならでは味わいです。
では、次はカフェオレにしてみると。。。
やっぱり香りはミルク<チョコレートです。
味わいはというと、なるほどなるほど。。。
少しゴディバのフレーバーコーヒーを検索してみると、やっぱり”↑”なお値段でした。
紳士に、”そっちこそ豪勢な「珈琲のある休息。」してー”と言われそう…。
ゆーあとは全く異なるアプローチのコーヒーは、いろんな意味で参考になります。
ありがとうございました。

ゴディバのコーヒーにホイップミルク、そしてココアパウダーをのせて…ゴディバのコーヒーにホイップミルク、そしてココアパウダーをのせて…

2014-02-16 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

つづきはさておき最終回!?…

どうやら「珈琲のある昼下がり。」の紳士は順番を間違えたようです。
僕はそのルールに則り、お借りした旅情ミステリーの最終回となる頁をめくりました。
“みちのく麺食い記者シリーズ”の『偽計』を完読です。
まだ途中があるのですが、最終回がスライドしてやってきたわけでした。
大和新聞の遊軍記者、宮沢賢一郎は仙台に赴いているのですが、本社の大人事で栄転となるのでしょうか…。
東京の麺は似合わない。彼はずっと遊軍記者でなければならないのでは?
とうとう最終回を迎えましたが、まだ真ん中に未読が数冊あります。
また改めて、ごろんと寝転んで読書。
「珈琲のあるお仕事。」の後は、こたつを囲んで青森へと旅しましょうか。
順番は違えど、やっぱり文字を読む日々はつづきます。

新シリーズは、珈琲愛飲家の旅情ミステリー書下しでしょ?新シリーズは、珈琲愛飲家の旅情ミステリー書下しでしょ?

2014-02-15 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

愛のある天候だったと言えるかも…

起床してカーテンを開くと、”やれやれ…”と朝っぱらから、らしくもない嘆き。
先週の土曜日がフィナーレを期待したのに、積雪です。
皆さまの足がゆーあから遠のく…。
午前中は、日時の変更は許されない取材&撮影が無事完了。
わざわざ、遠方からのお越しありがとうございました。
そして数は少ないながらも、「珈琲のある休息。」のお客さまには、本日ならではのおもてなしです。
深々と雪降るホワイトバレンタインデーに、愛妻手作りのトリュフ。
ささやかな贈りものですが、喜んでもらえて何よりでした。
特別な愛のある日が積雪であるのは”もう勘弁しておくれ”と嘆きながら、春の訪れを待ちわびます。

僕は雪かきを終了してから、愛のある休息でした。積雪はもうノーサンキュー…。僕は雪かきを終了してから、愛のある休息でした。積雪はもうノーサンキュー…。

2014-02-14 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

望遠鏡の向こうは…

決まった曜日にご来店の黄昏夫婦が、翌日に「珈琲のある昼下がり。」でした。
“ちょっと遠出しとったもんで”と殿方。
旅行は1人で、奥方はお留守番だったそうです。
だったら1人でご来店でもいいじゃないですか。
いいえ、やっぱり2人そろってないとでなければなりません。
旅先は越前。”寒かった”と言っていましたが、くつろぎの1泊2日だったことでしょう。
わざわざのお土産は、ちくわです。
練りものの大好きな愛妻と同じくらい僕も喜びました。
さて、ちくわを望遠鏡に見立てて覗いてみると…。
カウンター向こうには、いつも決まったところでお2人仲良く「珈琲のある昼下がり。」をお過ごしの風景が見えました。
感謝。。。

たこからかに、たいの順番を僕は主張しましたが、愛妻はかに、たこ、たい…。たこからかに、たいの順番を僕は主張しましたが、愛妻はかに、たこ、たい…。

2014-02-13 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

2/13-18Music

○Chopin/Yundi Li
○Dick Tracy ~ディック・トレーシー~
○Flashdance ~フラッシュダンス~
○Moulin Rouge! ~ムーラン・ルージュ~
○Notting Hill ~ノッティングヒルの恋人~
○Red/Taylor Swift
○Sayuri ~サユリ~
○Transformers ~トランスフォーマー~
○True Romance ~トゥルー・ロマンス~

僕はクルマから変形して"さて焙煎です。"ではありません。僕はクルマから変形して”さて焙煎です。”ではありません。

2014-02-12 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ヨコになって「珈琲のある休息。」をすると…

文庫本でみちのくの旅は順調です。
好んで「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りしている”みちのく麺食い記者”シリーズ。
今回は”完黙”を完読しました。
表紙から察するに、すでにTV放送したようです。
麺食い記者が髙嶋くんで、田名部警視が渡辺くん。
少しどころかかなりイメージが違います。
まっ、表紙は見なかったことにして。。。
ストーリーは”8″がキーワードなのですが、ヨコになって読んでみると前半が省略できます。
しかし、麺食い記者はいつも事件>麺で大変。
ごくごくたまに登場するので、麺>珈琲としておきましょう。
ちなみに今まで、麺食い貴記者が「珈琲のある休息。」のシーンがありません。
田名部警視であったり、キーパーソンとなる人物が過ごしています。
さて、紳士は旧正月が明けて再び中国へと赴きました。
彼が帰国の前に、まだお借りしている20冊以上ある文庫本のうち、数冊は完読しましょう。
もちろん僕は、8が∞に見えるスタイルで読書。

田名部警視は190センチの大柄の設定です。黙っていられない性分なの僕なもので…。小説の田名部警視は190センチの大柄です。黙っていられない性分の僕なもので…。

2014-02-11 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »