「珈琲のある生活。」

おめでとう!!は同じでも…

“お帰りなさい。楽しかった?”とは愛妻です。
淑女の返事は、”とってもよかったです↑。でも少し風邪をこじらせてしまいまして…”。
先々週の日曜に北海道に住む友人の披露宴に出席した彼女が、
土産ばなしを心にご持参で「珈琲のある夕暮れ。」でした。
同じ日本でも、岐阜は30度オーバーで札幌は20度。
“薄着でいいからと言われて信用したのに…。向うはあんなに肌寒いのにみんなTシャツ姿で信じられません(驚)”。
それからもっと驚くべきところは、披露宴そのもの。
会員制なのは当たり前で、席次も親戚一同が前で友人が新郎新婦に離れたテーブルなのも常識だそうです。
こちらとはすっかり真逆のスタイルじゃないですか…。
道産子が岐阜の披露宴に出席の場合はかなーりびっくりすることでしょう。
まだまだあれこれと披露宴のマナーも違っていると聞いて、驚きの連続でした。
淑女は披露宴の翌日はオールフリー。
そして、回転寿しのねたの鮮度はやっぱりスゴいっ!!とのことです…。
ここは驚きはしませんし、きっと彼女も知っていたことでしょうが、
実際に現地で「寿しのあるフリータイム。」を過ごせば、感動ものなのでしょう。
うらやましいったらありゃしないわ…。
“じゃあ、そろそろ帰ります。コホンコホン”。楽しい土産ばなしをありがとう。お大事に…。

どんなスタイルでも、式を挙げた2人に"おめでとう"の祝辞は同じです。どんなスタイルでも、式を挙げた2人に”おめでとう”の祝辞は同じです。

2014-06-30 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

夏場所の前にゆーあでも1番勝負…

7月13日に名古屋場所が開幕っ!!
遠藤くんには今回、勝ち越しを狙ってほしいところでしょう。
白鵬は30回目の優勝なるか気になりません?
さて、皆さんが注目すべき暑い夏の大相撲ですが、こちらゆーあでは今、熱い相撲がはじまろうとしています。
桑名にハーフデー・トリップのお帰りにゆーあに立ち寄りのご夫婦からお土産に頂戴したのは安永餅4つ。
これはこれは、愛妻と僕で2つずつということでしょう。
感謝…っとよく見てみれば、全部同じものではありません。
“桑名名物 安永餅”と、桑名長島名物 安永餅”が2つずつ。
“どちらに軍配が上がるのか気になって”とマダムです。
なので、ゆーあで安永餅対決となったわけでした。
“にーしー、やすながもち、やすながもーちー。ひがーしー、やすながもち、やすながもーちー”。
いよいよ初日にして千秋楽の決戦がはじまろうとしています。
“はっけよーい、のこったのこった”。
永餅屋が柔らかくてホントに”おくちのなかでとけちゃうよ♪”。
出来立てだったら柏屋かな。餡子は私の好み↑。
“のこった、のこったー”。
部屋は違えど、四股名は同じ安永餅。なかなか決着がつきません。
“のこった、のこったー”…。まさか名古屋場所までのこっているのかも。
結果、珈琲の相棒に両方に↑でした。
毎度、毎度感謝です。

ケロケロケロとゆーあの行司です。"はっけよい、のこったのこったー、かんしゃかんしゃー。ケロケロケロとゆーあの行司です。”はっけよい、のこったのこったー、かんしゃかんしゃー”。

2014-06-29 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

Iceカフェオレの好敵手!?

Iceカフェオレはグラスにミルク、そして水出しの珈琲をゆっくり注いで出来上がり。
暑くなり。2層となったドリンクをストローでくるくると回しながら休息するお客さまが多くなりました。
おっと、Iceカフェオレの好敵手が出現でしょうか!? って答えはNonNon。
夕暮れどきの僕の休息に登場した2層のドリンクは、喫茶のメニューではありません。
義父上殿のご持参は瓶詰めのはちみつで漬けた梅&ウオーターでリフレッシュ。
何も梅は義父殿が漬けたわけではなく、畑の近くに住む世話好きなおばちゃんからのおすそわけです。
ホントは僕だけではなく、”愛娘夫婦にもわけたってな”と言ってたんですって(笑)。
はちみつにメープルシロップ、そして苺ジャム、マーマレードかな。
上記は、好きな甘いトーストの順番です。
否違う、すべてに均一で上位ではありますが、それぐらいにはちみつ大好き。
しばらくIce珈琲にIceカフェオレ、そしてときどきもうひとつの2層のドリンクで夕涼みする日々が続きます。

こちらもクルクルと回すところは同じですが最後は梅と氷を頬張ります。こちらもクルクルと回すところは同じですが最後は梅と氷を頬張ります。

2014-06-28 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

こちらこそ、大切に↑…

珈琲スプーンとブラジルの珈琲豆、それから友人に贈る珈琲スプーンをもう2つご注文がありました。
手彫り作家の久保田さんが、”それでしたらご希望のものを最初から作りましょう”。
ということでご注文より先、結構長く時間を要するのですが、
ご依頼の方より、”待ちわびるのも楽しさのひとつです”のお言葉に甘えて、
ようやくお届けできたのが先日のことでした。
翌日には到着のご丁寧なメールにほっと安堵。
それから数日後の今日、見覚えのある北関東の住所からゆーあに小包が届きました。
開いてみると、まず手紙が1通-。
My珈琲器具で毎日珈琲をすくっている近況報告がおもしろおかしく書かれています。
こちらが感謝すべきところなのに親切な”ありがとう”の言葉で綴っているじゃないですか。
それから”私の田舎町で作られたものですが、小物入れにでもお使いください”と、
和紙でできたバッグを頂戴しました。
しかもわざわざ珈琲色のを選んでいただけるとは(嬉)。。。
ご依頼の方とは幾度となくメールでご連絡し、返信をいただきましたが、
それだけでも人と人のつながりを感じたのに、さらに手紙はもっと親近感が沸くものです。
沸くと言えば、そろそろお湯が沸くころ!?
これからMy珈琲器具で珈琲豆をすくってゆっくりと抽出していることでしょうか。
そして「珈琲のある生活。」をお過ごしに違いありません。
手紙の最後には、”本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます”の文字。
こちらこそ、僕は大切な「珈琲色に染まったMyバッグのある生活。」がはじまりました。

おっと、久保田さんにも近日に手彫り色のバッグをお渡ししなければ↑。おっと、久保田さんにも近日に手彫り色のバッグをお渡ししなければ↑。

2014-06-27 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ひょっとしてホワイトバット全員のご注文も…

ご無沙汰ぶりの紳士が友人を連れて「珈琲のある午後。」。
“ようっ、新しい珈琲ってある?”。
そうですねぇ、期間限定のブレンドがありますがいかがです?
“じゃあ、それで。おい、お前はどうするね”。
“Iceにしようか迷ってたが同じのをHotで”。
夏衣ブレンド2杯分を抽出しているところで、先月よりゆーあをご愛顧のマダムがお越しです。
彼女のご注文も夏衣ブレンド。それから小倉あんのバタートーストで「珈琲のあるおやつどき。」でした。
そして次のご来店はいつものダンサーとお母さん。
さすが親子と言うべきでしょう。2人とも同時に”Ice珈琲お願いね”。
ゆーあは今、夏衣ブレンドの細挽きで淹れた珈琲を急冷にしておもてなししています。
しかし今まで夏衣ブレンド以外の珈琲は淹れていませんが…。
と思ったところで、お母さんが”私はアメリカンのIce珈琲にしてね”。
ここでブラジルの浅煎の珈琲豆が登場です。
それからしばらくして仲良しマダムがお越しなわけですがご注文は…。
“おまかせ珈琲とおやつセットを2つ”でした。おまかせとはひょっとして、夏衣ブレンド!?
いいえ、お2人は「モカとパウンドケーキのある夕暮れ。」をお過ごしでした。
本日の手ぬぐいはハットをかぶったガイコツくん。彼らは黄金バットならぬ、ホワイトバットでしょうか。
“さて焙煎です。”の際に顔をふくのに大活躍。明日はどんな手ぬぐいでふきましょうか。
とにもかくも明日の焙煎は必須です。まずは夏衣ブレンドにブレンドするタンザニアの珈琲豆から”さて焙煎です。”。

ホワイトバット曰く、"ケケケケケケ、俺たちも全員夏衣ブレンドで「珈琲のある休息、」!?"。ホワイトバット曰く、”ケケケケケケ、俺たちも全員夏衣ブレンドで「珈琲のある休息、」!?”。

2014-06-26 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

6/25-7/1Music

○Abandoned City/Hauschka
○Kiki’s Delivery Service ~魔女の宅急便~
○Kiss/Carly Rae Jepsen
○Marie Antoinette ~マリー・アントワネット~
○My Blueberry Nights ~マイ・ブルーベリー・ナイツ~
○Reservoir Dogs ~レゼヴォア・ドッグス~
○Sex And The City Volume2 ~セックス・アンド・ザ・シティ2~
○Sleepless In Seattle ~めぐり逢えたら~

可愛い魔女は愛妻手作りの鞄に運ばれてゆーあに到着です。可愛い魔女は愛妻手作りの鞄に運ばれてゆーあに到着です。

2014-06-25 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »