「珈琲のある生活。」

しましま君はどこかで雨宿り!?…

朝、”さて焙煎です。”の時間に、ふと隣の畑をみるとゆっくりとしましまのネコが散歩です。
それから正午を過ぎたころ、ゆーあの前の通りをこれまたゆっくりと歩いて斜め前のおうちへGo!
“チュチュチュ”としたところで、1回ふりむきあとは知らんぷりがいつものパターンか。
ところが今日は、昼前から雨降りでした。
あいつはどこで雨宿りをしていたのでしょうか。
先日、東京のお土産にと淑女から頂戴したのはチョコレート。
“なんとなくイメージなので”とつい求めてしまったようでした。
イメージというのは、愛妻のこと。
目のパチクリしたところとか、お洒落なところとかそんな感じなんだってさ。
チョコレートは珈琲の相棒となって、遅めのおやつどきにお腹へと歓迎でした。
今ごろ、しましま君はどこで何をしているのでしょうか。
“へーんしんっ”。まさか模様を様がわりしただけでなく、小さくなってゆーあで「珈琲のある雨宿り。」!?
ごちそうさまでした&感謝。。。

珈琲&チョコレートの好季節到来です。雨があがれば一段と寒くなるのでしょうか?珈琲&チョコレートの好季節到来です。雨があがれば一段と寒くなるのでしょうか?

2014-10-20 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

少年Aとは僕のこと!?…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士から、お借りした『シアター! 2/有川浩著』を完読しました。
今、彼は中国に出張中。帰国中にちょっと怪我をされたようですが、大丈夫でしょうか…。
兄から300万円を借りて、2年で返済しないと劇団を潰すこととなる弟。
ハプニングはありながらも最初の舞台は成功!?するのですが、
次の舞台は果たしてどうなるってところからはじまります。
劇団員に兄弟も含めて、『大』が付くほどの恋愛や失恋がありながら劇団のたどりり着く先は…。
どうやら、つづきがあるようで『3』が完結となります。
アメリカの映画では3よりも2、2よりも1が断然面白いシリーズがたくさんありますが、
『シアター!』に関してはやはくつづきが知りたいところ↑。
予断ですが、僕は中学生のとき文化祭の発表で寸劇の配役になったことがあります。
台本も読まずに、少年Aという役柄を選んだところ、何と準主役級…。
「珈琲のある週末。」の友人に文化祭のことを聞いたら、まったく記憶に残っていないと言っていました。
感動したのは役を演じた僕だけだったのでしょうか…。
さて次なる「珈琲のある読書。」に、東京の下町に暮らす探偵のストーリーを選びました。
僕には少年Aよりもハードボイルな役柄が適していると思いません?

幼稚園のころは、白いタイツ姿でこびとを演じました。白雪姫を救わねば…。幼稚園のころは、白いタイツ姿でこびとを演じました。白雪姫を救わねば…。

2014-10-19 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

うしろの正面だーれだ!?♪…

幼馴染が「珈琲のある夕暮れ。」にご来店。
“おぅ、これ母さんが持ってけってさ”とは秋の味覚そのものです。
そうそう、お前とはちっちゃいころ、外でよく遊んだよな。
鬼ごっことかかくれんぼとか…。みんなで輪になってこんな遊びもしたっけな。
“うしろの正面だーれだ!?♪”。
“えーっと、えーっと…。まさかつやろ”
“ブーっ。よっちゃんでした。じゃあもう一回”。
“あかんあかん。もうおうちに帰らなあかんわ。また明日”。
40年も前のことです。
そういえば、お母さんが、晩ご飯の後に柿を剥いてくれるって言ってたな。
だから、早くかーえろっ♪。
まさかつの母上殿へ、ありがとう。。。

40年前の思い出ドラマ。出演は柿とかぼちゃ、そして○珈琲 ゆーあです。40年前の思い出ドラマ。出演は柿とかぼちゃ、そして○珈琲 ゆーあです。

2014-10-18 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

コチラコソ、イツモアリガトウ↑…

読書の秋です。そして、映画観賞の秋でもありました。
愛妻と特別仲良しの淑女が文庫本とDVDの交換会。
どちらも珈琲は必須のアイテムってなわけで、本日彼女はブラジルの珈琲豆をお求めです。
あのー、これお忘れものですよー。
“これはいつも素敵なものをお借りしてばかりなので”…。
彼女のお母さんが焼いたカンパーニュは忘れものではなかったようです。
“アリガトウ”。いつもカタカナで書かれた言葉で大満足。
では、遠慮することなく今夜さっそく頂戴しましょう。
トーストでチーン、こんがりしたところでバターを塗って↑…。
お腹の底から”アリガトウゴザイマス”。

おーっと、食欲の秋でもありました。食欲>映画>読書の順番!?おーっと、食欲の秋でもありました。食欲>映画>読書の順番!?

2014-10-17 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ロースター!…

お休み明けは、やっぱり”さて焙煎です。”からはじまりました。
早速、いつもまとめて珈琲豆をお求めのマダムがご来店。
ななななんと、店頭の珈琲豆が全部なくなってしまったじゃないですか。
すぐ焙煎したものも次の紳士がお求めで、そのまた次はマダムがお選びで…。
うれしいことに正午過ぎまでそんなことがつづきます。
ということは、午後からはストップ…。
これが継続していればもっともっとうれしかった↑。
それでも夕方前まで”さて焙煎です。”。
“ロースター!”なのですが、完読したのは『シアター/有川浩著』。
堅実な兄が、300万円の負債を抱えた小劇団の主宰の弟を助けるストーリーです。
助けるというよりも、借金を肩代わりして2年間で完済せよという絶対条件。
完済できなければ劇団はつぶれるどころの騒ぎではありません。
果たして、リセットされてからの兄弟、劇団員の行方はどうなるか?
挫折や失恋、そして成功や大恋愛がありですが、2年後が楽しみなところ。
つづきがありながらの幕切れでした。
それでは『シアター! 2』の読みはじめましょうか。
でも、その前に”ロースター! 2″でなければなるまいて。
本日最後の焙煎はグァテマラでした。

ニューフェイスの羽田千歳さんの本命は、弟と思いきや兄だったのか!?ニューフェイスの羽田千歳さんの本命は、弟と思いきや兄だったのか!?

2014-10-16 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

10/16-21Music

○Brown Eyes/Dip In The Pool
○Driving Miss Daisy ~ドライビング・ミス・デイジー~
○Harukazeharmonics/Akihiro Tanaka
○I Close My Eyes/Hauschka
○Pop Meets Classical/The Piano Guys
○Simon And Garfunkele’s Greatest Hits/ Simon And Garfunkele
○The Graduate ~卒業~
○West Side Story ~ウエスト・サイド・ストーリー~
○日本語で歌うオペレッタ名曲集/Kei Hibino

お休みは優雅に音楽鑑賞!?ではなく、岐阜の街中にGo!でしょう。お休みは優雅に音楽鑑賞!?ではなく、岐阜の街中にGo!でしょう。

2014-10-15 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »