「珈琲のある生活。」

寒いの前に”どっ”でしょう…

土曜日はどうしようかと悩みましたが、今回ばかりはアラジンのストーブに即着火…。
寒いでなく、”どっ寒ぃ(どっさみぃ)”…。
春陽に慣れてしまったのか、2月半ばよりも寒く感じませんか?
ピューピューと春の嵐吹く中、ご来店の皆さまとは桜の前に寒さの話題。
とは言いながら、岐阜の至るところで桜まつりがオンパレードの週末です。
ゆーあ近くの堤防でも、今がピークで大にぎわい。
“あー、寒かった”は、先ほどの夫婦でお天道さまが燦燦の時間に桜のトンネルを通りぬけてのご来店でした。
珈琲豆をお求めの紳士は、”寒さ覚悟で夜桜だわ”と帰りに墨俣の一夜城へチラッと寄って行くそうです。
さては、今日こそが折りたたんだラインのところに違いない…。
4月最初の週末、寒暖のはざ間のご来店ありがとうございました。

本日最後のお客さまは「グァテマラ珈琲のある週末。」をお過ごしでした。本日最後のお客さまは「グァテマラ珈琲のある週末。」をお過ごしでした。

2014-04-06 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

あちらこちらへとプリンを求める紳士へ-

4月を迎えましたが、いつもと変わらず”さて焙煎です。”と「珈琲のあるおもてなし。」。
否、更なる”さて焙煎です。”と「珈琲のあるおもてなし。」向上の日々でした。
皆さんは新年度となり、生活環境は変わりましたか?
そういえば、ゆーあをご愛顧の紳士も1年前の3月に岐阜から新天地へと赴きましたっけ。
彼は無類のプリン好きで、岐阜へと引っ越した際も情報を入手してはあちらこちらへプリンを巡る小旅行。
ゆーあに「珈琲のある休息。」の度に、僕の知らない巷のプリン事情を教えてもらいました。
しかーし、彼の不在なときもプリンに熱い岐阜だったのあーる。
先日、おやつどきに登場の相棒は、今だ彼は知らないであろう未開のプリンです。
紳士が夏休みにひょっこり、「Ice珈琲のある再会。」でお越しの可能性大。
その際は、とっておきのプリンの新情報をお伝えすることとしましょうか↑。

「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりご紹介のギャルリ・シュシュアーのプリンであーる。「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりご紹介のギャルリ・シュシュアーのプリンであーる。

2014-04-05 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

押入れにいるのはドラえもんでなく…

これは夜に読むべき短編集でしょう。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りした文庫本を完読しました。
萩原浩著の『押入れのちよ』です。
表紙とタイトルからおどろおどろしいイメージ。
だいたい押入れにいるのは、ドラえもんでしょう。
でも、僕が夢中になっていたときは声優が大山のぶ代のとき。
ドラえもんは今も押入れで寝ているのでしょうか…。
脱線しましたが、本編へ。
全部で9編ある摩訶不思議な現象ばかりでした。
夜更かししてしまいそうなのは決して怖いわけではありません。
次の展開が気になって読書の時間を延長した次第の夜更かし。
『介護の鬼』なんて、最後は柔道で鍛えたおじいちゃんの大逆転ですっきりしましたし、
“がってんしょうたくん”が決まり文句の『しんちゃんの自転車』は微笑ましい短編でした。
ちなみに、『殺意のレシピ』でご馳走の後に夫婦が大笑いしていますが、
決してそこに珈琲があるからではありません。
もし珈琲があったなら、夫婦円満で物語は成り立たなかったでしょう(笑)。

『押入れのちよ』ちゃんは、ビーフジャーキーの相棒に珈琲でなくカルピスを選択↑。『押入れのちよ』ちゃんは、ビーフジャーキーの相棒に珈琲でなくカルピスを選択↑。

2014-04-04 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

イタリア旅行者は愛息ではなかったようで…

2週間前のこと-。”さて焙煎です。”の時間に、いつもの仲良しマダムが「珈琲のある談笑。」でした。
おまかせの珈琲をおもてなし。そして1ハゼしたところで焙煎機へと戻ります。
グィングィンと焙煎は順調そのもの。
お一人のマダムが、”もうすぐイタリア旅行だわ”と言っていた気がします。
聞き間違いでしょうか…。
そういえば、翌月には愛息が結婚式を迎えるんでしたっけ。
きっと新婚旅行の話題で盛り上がっているのでしょうと思っていました。
そして本日-。”さて焙煎です。”の時間に、いつもの仲良しマダムが「珈琲のある談笑。」でした。
とここまでは2週間前と同じパターン。
マダムが持参したのは、フォトブックです。
でも、新郎新婦の写真ではなく、殿方と異国のイタリアで仲良く2ショット↑。
イタリア旅行までは間違いではありませんでした。
でも旅行者は愛息ではなかったようで…。
“きゅんきゅんなスケジュールのツアーで、品定めできなくて…”というお土産に胸がキュンキュンです。
わざわざのお土産に感謝。
次回ご来店の際は、きゅんきゅんなスケジュールでも過ごしたであろう、”なう”なバール事情をお聞かせください。
重ねてありがとうございました&お帰りなさいませ。

伊達なゆーあのマダムは、イタリアでもさぞかしさまになったことでしょう↑。伊達なゆーあのマダムは、イタリアでもさぞかしさまになったことでしょう↑。

2014-04-03 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

4/3-8Music

○American Graffiti ~アメリカン・グラフィティ~
○Armageddon ~アルマゲドン~
○Fearless/Talor Swift
○Jaws ~ジョーズ~
○My Fair Lady ~マイ・フェア・レディ~
○Pretty Woman ~プリティ・ウーマン~
○12 Gardens Live/Billy Joel
○Windstruck ~僕の彼女を紹介します~

言うまでもなく、ゆーあではLIVEで珈琲を淹れておもてなし。言うまでもなく、ゆーあではLIVEで珈琲を淹れておもてなし。

2014-04-02 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ホップステップジャンプの後は…

ジャンプ!!って懸命に飛んでもせいぜい5センチくらいでしょうか。
もっと高く、もっと高く…。目標が8cmです。
さぁ、ミクロマンが再びダッシュ。
ホップステップ…ジャンプ!! あぁ、やっぱり5cmでした。
cmの単位を%に変えるとどうなるでしょう。そう、消費税。
4月を迎えてゆーあの値段は変更ありません。
しばらくは据置きで「珈琲のあるおもてなし。」
変更の際は、その都度お知らせします。
ホントは値段を高くしたいところ。
おいミクロマンよ、もう少し高く飛べないかい?
ホップステップ、ジャンプ!! さっきより低くてどうすんのよ…。
では「珈琲のある休息。」後にもう1回っ↑。

計測スタッフのペンギンは羽があっても飛べません。でもスイムは得意…。計測スタッフのペンギンは羽があっても飛べません。でもスイムは得意…。

2014-04-01 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »