「珈琲のある生活。」

1/23-28Music

○All Things Bright And Beautiful/Owl City
○Amelie From Montmartre ~アメリ~
○Armageddon ~アルマゲドン~
○Buena Vista Social Club ~ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ~
○Cool Runnings ~クール・ランニング~
○Dramatic&Cinematic/Loveholic
○Speed Racer ~スピード・レーサー~
○The Sting ~スティング~

休み明け最初の焙煎は、グァテマラ アンティグア レタナ農園 レッド ブルボンです。休み明け最初の焙煎は、グァテマラ アンティグア レタナ農園 レッド ブルボンです。

2014-01-22 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

僕の読書-舞台は大阪からアジア辺境の小国へ…

再び、「珈琲のある昼下がり。」の紳士からお借りした小説。
福井晴敏著の『人類資金 Ⅴ』です。
Ⅴってことは、4冊はすでに完読済み。
“回りくどいよ”と紳士が言うように、1文が長くて疲れました。
次の頁をめくると、短い会話のシーンがあったりするとホッと安心するくらい(笑)。
今回は、戦前に戻ってM資金の成り立ちを回顧する場面が多くありました。
真舟はアジア辺境の小国で笹倉と石で奪ったM資金の使い道を知った現在-。
さて、未来はどうなるってのが次回となります。
アジア辺境の小国とはインドネシアの近隣ですが、”珈琲”が話題になりません。
まだまだ歩み始めたともいえない発展途上国。
まずは珈琲で外貨を貯めるというのはどうでしょう。。。
明らかにシリーズの方向性が違いました(笑)。
人類資金 Ⅵは、今春判行の予定です。
とりあえずリセットも、文字を読む日々は続きます。
次はみちのくへ-。麺食い記者のシリーズ続編を読みましょう。

M資金を奪取した真舟は小国で珈琲農園をはじめるべきでしょう(笑)。M資金を奪取した真舟は小国で珈琲農園をはじめるべきでしょう(笑)。

2014-01-21 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

オフシーズンでも栗を堪能…

“さて焙煎です。”終了後の休息に、年末に珈琲生豆をお求めの青年から頂戴した栗サブレーが登場です。
彼はゆーあにお越しの前に、びゅーんと足を伸ばして中津川へと行きました。
“年始に母方の実家に行くんで、岐阜らしいものはないかと思ってさ”。
小田原への手みやげは、川上屋の栗きんとん。
“ほんでもって、これはゆーあでどうぞ”ってのが栗サブレーなわけでした。
きんとんと違い賞味期限が長く、本日いよいよ”お待たせ”って珈琲の相棒。
寒し…。中津川も底冷えの厳しいこのごろでしょう。
しかし、オフシーズンでありながら栗を満喫のおやつどきでした。
そうそう、彼は向こうで淹れたてのMy豆をふるまったようです。
先日、”やっぱ、大好評でしたわ”とメールを受信していることもここで記しておきます。

『今日は寒い寒いぞ、栗"サブ"レー』とは、愛妻の前でしか言えません…。『今日は寒い寒いぞ、栗”サブ”レー』とは、愛妻の前でしか言えません…。

2014-01-20 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

毛布にもぐり込んで読んでみると…

もう恒例にもなった、好んで「珈琲のある昼下がり。」にお越しの紳士から借りた小説を完読しました。
近藤史恵著 『カナリヤは眠らない』-。
コテコテの大阪が舞台のミステリーです。
ショッピングに依存する女性や雑誌出版の男性、整体院に勤める姉妹の姉妹…。
あらゆる問題を抱えた登場人物を、変わり者の整体師の本業はない能力で施術して解決する物語でした。
僕も雑居ビルの屋上にあり、営利目的なんかまったく感じられない整体院に行って診断してもらおうか…。
“眠れないってウソだな。あったか毛布でもっと難しい小説でも読んでみな。あっという間にZzzだろうよ”。
彼でなくても簡単に見破られそうです(笑)。
さて、年始早々に中国出張へと赴いた紳士ですがもうすでに帰国したようです。
またご来店の際に”これどうぞ”と文庫本が数冊到着の雰囲気。文字を読む日はこの先もずっと続きます。

今は紳士に承諾いただき、「珈琲のある正午前。」のマダムに貸し出し中。今は紳士に承諾いただき、「珈琲のある正午前。」のマダムに貸し出し中。

2014-01-19 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

お正月の楽しみと言えば…

“お久しぶりです。その前に、明けましておめでとうでした”。
今年初めて愛妻の仲良しの淑女が「珈琲のある昼下がり。」です。
彼女のお正月と言えば、多忙なお仕事。
“でも初日で、すぐになくなりましたけどね”…。何がなくなったのでしょうか?
正解は福袋。
事前に準備した福袋の山が、あっという間に削られフロアの見渡しが良くなったと笑っていました。
皆さんは今年初ものの福袋をお求めでしたか?
僕は”いいえ”。2日のニュースでにぎわっているさまをみて、
“すげぇな&今年も始まったな”と思っています。
さて彼女の準備した福袋をこっそり教えてもらうと…、いいものいろいろで合計1万以上也。
来年は福袋求めてみるかな…。でも中身が分からないので不安です。
まったく不安なしなのは、彼女ご持参の”紫いも餅”。
懐かしの和菓子が「珈琲のある遅めのおやつどき。」に登場でした。
ご馳走さま&感謝で、次回はみやげ話のみ持参でお越しくださいませ。

唇が紫色になるほど泳ぎたくはありませんが、こちらはとことん珈琲の相棒に↑。唇が紫色になるほど泳ぎたくはありませんが、こちらはとことん珈琲の相棒に↑。

2014-01-18 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

石榑さんとこのエチオピア

2日前の夕暮れに石榑さんが「珈琲のある休息。」にお越しでした。
次の上映時間は4時20分。それまで、「珈琲のある談笑。」ってことです。
石榑さんは、柳ケ瀬で自家焙煎の珈琲Shopを開いている大先輩。
お休みの月曜日は、映画館をはしごです。
なるほど、今週は振替休日は火曜日でした。
“これ、うちのイルガチェフェ”と、珈琲豆をご持参。
おぉ、うれしい限りじゃないですか。
柳ケ瀬で親しまれている珈琲を本日試飲した次第です。
ゆーあよりやや浅煎のモカは、ほんのり酸味がアクセント。
珈琲豆の交換って、仲の良い自家焙煎珈琲Shopならではでしょ?
今度、柳ケ瀬に行く際は僕も持参します。
珈琲情報のほか、柳ケ瀬で開かれたゆるキャラのイベントや映画の今昔物語など、
少ない時間にいっぱい詰め込んでお話の石榑さん。
“おっと、上映時間の5分前”と少し早足で映画館へと向かわれた時刻は、2日前の4時15分でした。

石榑さんの珈琲で映画鑑賞です。で、上映時間前に流れるCMはなぜか○珈琲 Yu-A…。石榑さんの珈琲で映画鑑賞です。で、上映時間前に流れるCMはなぜか○珈琲 Yu-A…。

2014-01-16 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »