「珈琲のある生活。」

ゆーあではサクラのメダルでしょ↑…

ここゆーあでも、二輪開催。
えっ、二輪って何ですか?…。
まぁ、気にしないで観戦しましょ。
1着、そして2着が決定しました。
いやいや、同時の1着。
メダルの授与式がはじまろうとしています。
お二人の胸には、桜餅のメダルが輝いているじゃないですか(笑)。
珈琲&和菓子で季節を楽しみましょう。

冬季五輪は、ゆーあの二輪よりもかなーり盛り上がっています。感動をありがとう。冬季五輪は、ゆーあの二輪よりもかなーり盛り上がっています。感動をありがとう。

2018-02-25 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

5頁以内で完結するご近所のストーリー…

奇妙で不思議な40の風景です(笑)。
「珈琲のある昼下がり。」の紳士よりお借りした文庫本。
『星町の物語/太田忠司著』を完読しました。
1丁目から4丁目まである星町。
この界隈で、日々の暮らしがあります。
それはごく普通の生活であったり、稀な偶然があったり…。
公園で集会を開くのは、人でなくネコでした(笑)。
この世の中、支配しているのは人でないのかもしれません。
星町にないのは、カフェ。
柳津町丸野2丁目には、素敵な自家焙煎の珈琲Shopがありますよー。
そして丸野の界隈でもさまざまな物語があるのでしょう。

最近、クロネコが夕暮れどきに我が家の庭を素通りします(笑)…。最近、クロネコが夕暮れどきに我が家の庭を素通りします(笑)…。

2018-02-24 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

記入することはありません(笑)…

電話で、珈琲豆のご注文です。
いつ、どちらに到着するのかメモ、メモ、メモっ!!…。
そして、スケジュール帳に記入するは当然でしょ。
スケジュール帳、つまりは手帖ですが、こちらに記入することはありません。
暮しの手帖2-3月号が到着しました。
「珈琲のある昼下がり。」の淑女が、”これ作ってみようかしら”。
そぼろ豆腐のちゃんぷるうです。
バッグから出したのは!?…。
小さな手帖に、メモすべきレシピを記入していました。
手帖なしでかまいません。
皆さんも、「珈琲のある休息。」で手帖を開きませんか。

「体にやさしい台湾ごはん」が気になります。ではメモしましょうか(笑)。「体にやさしい台湾ごはん」が気になります。ではメモしましょうか(笑)。

2018-02-23 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

珈琲サーバーから華麗なる転進!?…

パキン、パキンと小気味のいい音が響いています。
それは庭師が枝を切る音。
隣り近所の庭で朝からお仕事がはじまりました。
しばらくして、庭の主がご来店。
彼女がご持参は梅の枝です。
パキン。
こちらは1回のみの音です。
珈琲サーバーを割れました。
まったくの不可抗力。
ほんの少しのキズですが、珈琲サーバーそのものの使い道がありません。
ならば…。
今は、ご来店の皆さまに花瓶となってゆーあに春の訪れを告げています(笑)。

春色のこのごろに、今日はお昼から出張の珈琲教室に出かけますっ。春色のこのごろに、今日はお昼から出張の珈琲教室に出かけますっ。

2018-02-22 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ひょっとして今もどこかで!?…

祐二くんは、小学時代の親友です。
彼のお兄ちゃんは、よくゆーあに「珈琲のある休息。」にご来店。
弟の話題がたまに登場して、懐かしむこともありました。
ちなみに祐二くんの職業はドライバー。
いつかのお越しを楽しみにしています。
そんな平穏なゆーあ。
それは祐二が話題だからかもしれません。
ところが、祐二が有事となった場合はどうか。
『スリーパー/楡周平著』を完読しました。
スリーパーとは、任務地で長期間普通の生活をしながら指令を待つスパイのこと。
“ちくしょう”と最後に発した男は、最後の最後まで任務を全うします。
成功か失敗かは別にして、芯のしっかりした人物は彼だけではないか。
シンガポールでギャンブルに明け暮れるAは、簡単に身柄を保証する国に寝返り。
男に指令するBは、直前のところで裏切りました。
ひとつ間違えれば、勝者も裏切りが続出なのかもしれません。
本編は由良憲二が主人公でしたが、前任者が最後に登場。
「珈琲のある週末。」を過ごす紳士が文庫本を読んでいます。
ひょっとすると、それは川瀬雅彦が大活躍した小説なのでは?…。

のんびり珈琲を淹れて、緊迫の小説を読む一週間でした(笑)…。のんびり珈琲を淹れて、緊迫の小説を読む一週間でした(笑)…。

2018-02-21 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

明後日は、珈琲の時間にしましょうよ↑…

&Premiumの最新号は、『お茶の時間にしましょうか。』-。
僕は、もっぱらの珈琲党。
そんなわけないでしょう(笑)。
お仕事の合間でも、お茶で休息することは多々あり。
頁をめくって、より素敵な「お茶のある生活。」を過ごします。
ここで、お知らせ。
明後日の木曜は、午後より臨時でお休みします。
それは、名古屋へ珈琲教室にGo!…。
参加者の皆さんには、そのときばかりは「珈琲の時間にしましょうか。」。
もちろん、ゆーあにご来店の際は、
珈琲の隣に「お茶の時間にしましょうか。」(笑)。

22日(木)は、出張珈琲教室につき午後よりお休みします。22日(木)は、出張珈琲教室につき午後よりお休みします。

2018-02-20 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments »