「珈琲のある生活。」

そこって、心地いいのかしら(笑)…

&Premiumの最新号が到着です。
『心地のいい暮らし、考えてみた。』-。
効率のよさや最新であることが、心地のよさではありません。
ちょっと、今までのペースを考え直してみましょうか。
頁を開けば、確かに僕のスピードとは違う(笑)。
日本各地の暮らし方を紹介しています。
ぜひ、ゆーあで心地よく、&Premiumをお楽しみください。
ところで、特集とは別の『&Ise Shima』。
そこには、伊勢志摩の”夜”にスポットを当てています。
最初に紹介の一月家って居酒屋。
カウンター席がいっぱいで、みんな背を丸めていました。
疲れませんか?
うーん、居心地よさそうで長居したいっ(笑)。

こちらは珈琲。そちらには焼手羽先と揚げ豆腐、そして日本酒一合がありました。こちらは珈琲。そちらには焼手羽先と揚げ豆腐、そして日本酒一合がありました。

2018-07-20 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

彼女が旅で出会ったのは!?…

“蒸すような暑さです(笑)”とは、珈琲豆を集荷のドライバー。
夕暮れどきというのに、まだまだ宅配と集荷があるそうです。
とにもかくにも、カラダを最優先に…。
こちらは蒸しは蒸しでも蒸しケーキがおやつどきに登場でした。
『旅で出会ったかわいい子』-。
彼女の静岡旅行は有意義だったに違いありません。
それは、ほんのり甘いミルククリームのように(笑)。
連日の酷暑です。
ドライバーは、定期的に水分補給すると言っていました。
それ、大正解。
そして、「Ice珈琲のある休息。」も熱中症対策のひとつでしょ。

とりあえず、店頭の木にも水を与えなければなりません。とりあえず、店頭の木にも水を与えなければなりません。

2018-07-19 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

僕の”いらっしゃいませ”はテノールでない!?…

愛妻の親友からお借りした文庫本を完読しました。
『森に願いを/乾ルカ著』-。
街中には広大な森がありました。
そこは私有地なのか、公園なのか…。
何かしら悩みを持つ者がそこへと足を踏み入れる。
“おはようございます”。
彼らを歓迎するのは、背の同じように高い声の青年でした。
森にいる青年は、みんなの悩みを知りません。
でも、森に来ることによって悩みが解消されることは知っています。
と言っても解決できないこともあったりして…。
明るい未来を見い出した者は、再び森に踏み入れるのでしょうか。
青年は、みんなが気にしている高い声を恥ずかしいとは思いません。
言葉を声にすること-。
それは、その森で教えられたことでした。
“おはようございます。いらっしゃいませ”。
テノールのような高い声ではありません。
そして、そこは森でなく、自家焙煎の珈琲Shopです(笑)。

『珈琲に願いを』。あっ、あっ、あーーーと発声練習は完了です(笑)。『珈琲に願いを』。あっ、あっ、あーーーと発声練習は完了です(笑)。

2018-07-18 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

どれか選びなさいと言われても…

“またですか?”。
はい、Again。再びです(笑)。
「珈琲のあるおやつどき。」にあん巻きが登場。
もう少しで、あんこが飛び出しそう…。
その見栄えに魅了され、ついつい愛妻におねだりした次第です。
あんこ、あんこ、あんこ。
でも、カスタードクリームだって同様だということをここに証明しましょ(笑)。
でも取り敢えず、あん巻きを言うからにはあんこです…。
だったら、たい焼きに大判焼き、どら焼きとあん巻きのどれを選びますか?
それは、選択の余地もなく全部でしょう(苦笑)。

あん巻きは平日でなく、日曜だったからこそありました(笑)…。あん巻きは平日でなく、日曜だったからこそありました(笑)…。

2018-07-17 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

珈琲の相棒は珈琲でしょう(笑)…

ゆーあは自家焙煎の珈琲Shop。
なので、珈琲の話題が大でしょう。
coffeeにコーヒー、珈琲…。
パッケージにこんな言葉があると、ゆーあを思い出してもらえる。
夕暮れにご来店の紳士からの贈りものは珈琲マコロン。
おぉ、珈琲の相棒に珈琲でした(笑)。
マコロンがコロンビアならば、こちらはエチオピアを選ぼうじゃないですかっ。

サクッと香ばしい珈琲マコロンがおやつどきに登場でした(笑)…。サクッと香ばしい珈琲マコロンがおやつどきに登場でした(笑)…。

2018-07-16 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

ひょっとして避暑地の候補!?…

言えば言うほど暑くなる!?…。
でも暑いって言わざる得負えません。
38℃オーバーの日がどれだけつづくのでしょう。
“妹のところは、31℃だって(笑)”。
35℃以下とは、なんとも涼しげです。
ところで、どちらにお住まいなのでしょう。
そこはなんと、那覇市でした。
もし、岐阜にお越しの際なら、さぞかし驚くこと間違いなし。
あー、涼しいところに身を寄せたい。
暑い岐阜からなぜか南下して、沖縄へGo!?…。

沖縄より岐阜が暑いなんて、信じられません(汗)…。沖縄より岐阜が暑いなんて、信じられません(汗)…。

2018-07-15 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

1 / 27412345...102030...最後 »