「珈琲のある生活。」

ゆーあの中で一番好きな場所。と言えば…

家の中で一番好きな場所と言えば…。
うーん、食卓かな↑。
でも、&プレミアムでは、台所が一番だと言っています。
なぜか。
特集のぺらぺらとめくれば納得することでしょう。
どの頁も理想的なキッチン、そして道具。
表紙のお椀を持っている彼女は夕餉の準備をするのでしょう。
あれっ、棚の下にあるのって珈琲ミルじゃないですか。
きっと、珈琲豆を細挽きにして「Ice珈琲のある夕餉後。」を過ごすハズ(笑)。
「台所は、家の中で一番好きな場所。」-。
ではゆーあで一番好きな場所ってどこですか?
ママをお連れの坊ちゃんは、”ロースターの前”っ。
遠い将来、”さて焙煎です。”のお仕事を一緒にしようじゃないか↑。
皆さーん、ゆーあに「珈琲のある休息。」。
&プレミアムを開けば、もっとキッチンと道具を好きになること間違いなしです?…。

棚の下に珈琲器具があれば、もっともっとキッチンが好きになります(笑)。棚の下に珈琲器具があれば、もっともっとキッチンが好きになります(笑)。

2017-05-23 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

まさか、この後ろ姿は!?…

うーん、自家焙煎Shopの店主って、作務衣が似合うのかもしれない…。
なーんて考えたことはありますが、決して僕ではありません(笑)。
6月4日までジェイアール京都伊勢丹の美術館「えき」にて、岩合光昭写真展『ねこの京都』開催。
京都のねこが、”今日もほっこり暮らしています。”。
住職の背中で、ゆらゆらと揺られて気持ちよさそう…。
でも、僕がねこなら舞妓はんの背中に乗ってゆらゆら揺られたい(笑)。
なーんて言いながら、これからゆーあでは「Ice珈琲のあるおやつどき。」にふぁふぁするところっ↑。

いずれ、『ねこの岐阜』って写真展があるのかも↑…。岩合さん、期待してますよー。あーいずれ、『ねこの岐阜』って写真展があるのかも↑…。岩合さん、期待してますよー。

2017-05-22 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

“すうじのいっちはなーに♪”…

“こうばのえんとつよ、もくもく♪”…。
いいえ、今日は日曜日なので”にちにち”。
そして”ゆーあのえんとつよ♪”って本来ならは訂正するとことです(笑)。
なぜ、本来ならかと言えば、今回ばかりはヴァニラだから↑。
OMOTESANDOのNUMBER SUGARがおやつどきに登場しました。
ナンバーは1から8まで。
30分ばかりで全部頂戴したわけではありません。
明日は、はくちょうの2。
違った、ソルトです。
“私は駄目なのかしら”って、茶道の先生。
裏千家であっても、OMOTESANDOは歓迎するに決まっています(笑)。
次回、馴染みのご夫婦が来店の際にどのナンバーが1番だったかお伝えしましょ。
答えられないかもしれません。
だって、全部が1番だからー↑。

裏通りにあるゆーあで「珈琲のあるおやつどき。」にOMOTESANDOです(笑)。裏通りにあるゆーあで「珈琲のあるおやつどき。」にOMOTESANDOです(笑)。

2017-05-21 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

そこまで追い詰めることもないのに…

「珈琲のある昼下がり。」の紳士にはあるのかもしれません…。
『母性/湊かなえ著』を完読です。
“空想の世界ならば、とことん追い詰めてもお咎めはない”。
著者はあるTV番組でそう語っていました。
本編に登場する母と娘も彼女によって、底のまた底へと到着します。
そんな中にも光が見えるのにその光はさらに底へ行く入口…。
母の手記と娘の回想が交差し、浮かび上がる真相はどんなだったでしょう。
そして、先生と先生の会話も”今”へとつながりました。
母性がために、”愛能限り、娘を大切に育ててきました”わけではありません。
りっちゃんのたこやきは本物志向でなく、ちょうどいいのか…。

30℃オーバー。これから先はしばらく、「Ice珈琲のある読書。」です!?…。30℃オーバー。これから先はしばらく、「Ice珈琲のある読書。」です!?…。

2017-05-20 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

銀ぶらでなく、ゆらゆあですっ↑…

“ちょっと、ゆらりとゆーあへ行きますか”と映日果ラベルの奥田真也さん。
「ぶらり」でなく、ゆらりなのは、ここは岐阜のゆーあだからでしょう(笑)。
ひょっとして彼女は東京で銀ぶらしたのかもしれません。
「銀ぶら」とは、銀座にあるカフェー・パウリスタでブラジルコーヒーを飲むこと。
そしてゆーあでは、Iceカフェオレをお楽しみでした↑。
だんだんと言うよりも、あっという間に暑くなったこのごろ。
近日、東京駅限定の手ぬぐいで汗をふきふき、ゆらーりゆらりと”さて焙煎です。”。
これを何と言う?って、”ゆらばい”か…。

皆さん、"ゆらりとゆーあへ"を略して"ゆらゆあ"って言いましょう。言わないか(笑)。皆さん、”ゆらりとゆーあへ”を略して”ゆらゆあ”って言いましょう。言わないか(笑)。

2017-05-19 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

サイクリングの好季節なので…

先月の下旬より、自転車でご来店の紳士。
最初は厚着で”暑い暑い”と言いながら、「珈琲のある休息。」でした。
そして、”暑い暑い”と言って今日は「Ice珈琲のある休息。」です。
しかも厚着でなく、Tシャツ1枚…。
サイクリングの好季節なのか。
“もうしばらく、チャリンコでおじゃまします(笑)”。
Tシャツの次は何もなし!?…。
それは、間違いなくNGでしょう。
なので猛暑となる手前まで、サイクリングを満喫。
その後、ゆーあへとお越しくださいませ。

彼はIce珈琲でも、僕は大判焼きの相棒にHotのゆーあブレンド↑。彼はIce珈琲でも、僕は大判焼きの相棒にHotのゆーあブレンド↑。

2017-05-18 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 

 

1 / 20412345...102030...最後 »