toggle
2018-05-09

百万といいながら一を思い出す!?…

東方見聞録は、社会科で覚えました。
そして連動してテストのカッコ内に入れる回答はマルコ・ポーロでしょう。
『百万のマルコ/柳広司著』を完読です。
百万とは、”ほら吹き”という意味。
マルコが、ジェノヴァの牢獄の中で囚人たちに語った不思議な世界が13編あります。
果たして、それらが本当か否か。
百万はほら吹きでもあり、数字なら一と同じかもしれません。
なんだか、一休さんのとんちにも似たマルコの物語(笑)。
“退屈な牢獄生活から抜け出したい”。
囚人の思いは、1編で叶えられるのですがまだ牢獄の中。
それでも、どうしたことか最後には牢の扉が開けられるのだから不思議です。。。

今回の「珈琲のある読書。」は、一風変わった問答でした(笑)…。今回の「珈琲のある読書。」は、一風変わった問答でした(笑)…。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください