「珈琲のある生活。」

僕は鉄壁社長となるのかな?…

「珈琲のある年末。」にご来店の馴染みの紳士。
彼とは、文庫本を交換する間柄です。
そして、お借りした1冊が『旅屋おかえり/原田マハ著』。
レギュラーが旅番組のレポーターだけという崖っぷちのタレントがヒロインです。
彼女の名前は、丘えりか。
“か”を省くと、”おかえり”でしょ。
その名のとおり、旅好きの彼女なのですが失言が元で番組が打ち切りとなる羽目に…。
もう後がないっ。
そこで、偶然にも今までなかった仕事は舞い降りてきます。
依頼者に代わって旅をする、それが「旅屋おかえり」-。
1回目は100%の晴れ女であった彼女なのに積雪の旅となり、企画倒れか?
そして、四国の旅では絶体絶命で目的が達成できないかもしれません。
彼女の旅の成功は二者択一。
0%か200%しかないのでしょう(笑)。
“お帰りなさい”。
ゆーあは、旅した皆さまの帰りを待つ珈琲自家焙煎。
だとすれば、僕は鉄壁社長の立場か。
こわもてではありません。
なので皆さま、旅の帰り際に恐れることなく、
「珈琲のある休息。」にお立ち寄りくださいませ。

でも鉄壁社長は全国を旅しました。僕もそのうちに!?…。でも鉄壁社長は全国を旅しました。僕もそのうちに!?…。

2018-01-10 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 
Comment





Comment