「珈琲のある生活。」

もっぱら観戦でしょう(笑)…

まままままさか?…。
襲撃ではありません。
紳士は、毎度のんびり「珈琲のある昼下がり。」でした。
『襲撃/今野敏著』を完読です。
なぜ、俺は襲撃されなくてはいけないのか…。
思い当たるふしはいくつかありました。
俺は広尾に整体院を構える美崎照人。
マフィアにヤンキー、ひょっとして刑事なのかもしれません。
いずれにしても、行きつくところは格闘技。
引退して長く経つのに、また闘わなくてはならないのは心底、格闘家なのでしょう。
僕なんて、とんでもないこと。
「Ice珈琲のある読書。」で、ごく稀に「珈琲のある格闘技観戦。」です(笑)。

眠るとき、ブーンブーンって蚊の襲撃も勘弁してほしいところ…。眠るとき、ブーンブーンって蚊の襲撃も勘弁してほしいところ…。

2017-08-12 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 
Comment





Comment