「珈琲のある生活。」

それは、たとえ△であっても↑…

通常は四角じゃありませんか?
でも丸があった気もします。
それは、きんつば。
何かのバラエティで、京都と江戸では形が違うと言っていました。
所説ありますが、歴史の流れというものが確かにあるのでしょう。
きんつばの話題は別にして、
相も変わらず、「珈琲のあるおやつどき。」に小豆です。
まったく凝りもしません(笑)。
真ん中に小豆。
甘い皮が小豆をしっかり囲んでいました。
小豆にたどりつくまでも幸せいっぱいっ↑。

"あっまー”ではありません。ほどほどの甘さで幸せいっぱいです(笑)。“あっまー”ではありません。ほどほどの甘さで幸せいっぱいです(笑)。

2018-07-03 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 
Comment





Comment