「珈琲のある生活。」

「珈琲のある休息。」でふぅーとため息!?…

「珈琲のある週末。」の紳士からお借りした武士道シリーズ。
『武士道エイティーン/誉田哲也著。」を完読です。
中村あゆみの”翼の折れたエンジェル”。
18歳になったときにおぼえたのがため息でしたが、武士道を極めんとする2人は何を覚えるのでしょう。
根っからの剣道っ子の香織と日舞から剣道に転進した早苗は仲良くも永遠のライバル!?…。
早苗が福岡に転校した後も、お互いに意識し合って、いよいよインターハイでの決戦が待っている。
ところが決着はしたものの、ホントに決したとは言えないまま高校を卒業。
進学するのか、就職するのか。
そして結局、一方はやっぱり武士道を貫かないの?のところで19歳を迎えます。
今回は香織と早苗を取り巻く重要人物のエピソードが登場しました。
“世代”が違う武士道。
次作は『武士道ジェネレーション』なので、彼らもため息のないまま顔を出すハズです。
近日、「珈琲のある読書。」で頁をめくりましょう。

ため息ではありません。ゆーあでは「Ice珈琲のある休息。」を過ごしましょう。ため息ではありません。ゆーあでは「Ice珈琲のある休息。」を過ごしましょう。

2017-05-17 | Posted in 「珈琲のある生活。」No Comments » 
Comment





Comment